top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『弱虫ペダル』第36話 混戦が待っていそうな気配!

 こんにちは、Dancing Shigekoです!

 どうなる!

 今回はアニメ『弱虫ペダル』第36話を紹介します!


 前回感想→こちら


[内容]

#36 最強最速

 ファーストリザルト、前傾で走る御堂筋を見て、僅かな差で先に行けていると新開が考えている。ところが、最後の最後で御堂筋は姿勢を後傾にして自転車を前に押し出す。そしてファーストリザルトを手に入れる。御堂筋はこれで二日目は勝利すると確信しながらチームと合流していた。

 中間地点、京都伏見と箱学にかなりの差をつけられて総北の四人がすぎて行く。手嶋の掛け声に力強く応える金城にみんな勇気づけられている。鳴子が弱音を吐き始めるが、金城は四人でゴールするつもりはないという。必ず、小野田が戻ってくると信じている。

 その小野田は田所を引っ張って熊本の後ろについていた。緩い坂道に入り、ついに小野田が加速。熊本を抜き去り、ついにチームに合流するのだった。

[感想]

 総北が逆転に向けて体制を整える一話。

<天国と地獄>

・沈む箱学

 新開が勝つと思っていたファーストリザルト。御堂筋が意地を見せる。そして最後の最後で1センチでいいから、という考えで自転車を前に押し出して、0.02秒の差で1位を勝ち取る。新開は完全に意気消沈してしまう。勝てる、勝つ、そのつもりで走ってきて、御堂筋に敗れた。そのショックがじわじわと箱学に染み渡って行く感じが出ている。これまで、いいペースだったのに、ここでとうとう敗北してしまうのか。

 東堂あたりが元気よく引っ張りそうなものでもないのだろうか。かなり暗い雰囲気になって行くのだから、ヤバそうな気配。

・浮上する総北

 対照的に一気に気合が盛り上がってくるのは総北。田所をずっと引っ張ってきた小野田が、坂道に入ってさらに加速。とうとうチームに追いつく。田所が小野田に感謝している。ありがとよ、と感謝。最初、本当に走れそうにない気配を見せていた田所が、ここまで来たのだから、それは感謝の気持ちは大きい。

 さらに鳴子、巻島は田所のために戻った小野田を知っている。かなり差がついていたことを知っている。その小野田が追いついてくるのだから盛り上がらないわけがない。

 金城も、あの状況から追いついてきた小野田に心から感謝しているのが伝わってくる。冷静さを見せつつも、本当にありがたいと感じている。よくやったと感じている。

 そんなみんなが認め合う雰囲気を見て、今泉もチームとは何かを感じている。自分は一人で御堂筋に勝つ必要はないのだときっと感じている。

 小野田のイキイキとした走りが見ていて、実にいい。二日目、トップになれるのか。それとも最終三日目で勝利するのか。この後、総北が試合を盛り上げてくれることは間違いなく、楽しみな展開が待ち構えている。


<3チーム以外にも走っている>

・地味な存在 熊本台一高校

 小野田と田所が熊本の後ろについている。九州弁で突き放そうとしているけれど、離れない。それどころか、坂道に入って小野田が抜き去っていく。

 その直前の発言が地味に面白い。肥後の特急列車か、何か。田所を思わせるような発言が聞こえてくる。背負っているものがある、という気配を見せているのに、一瞬で抜きされてしまうその存在が地味にすぎる。他にもたくさんチームがいるのだろうけれど、ロードレースの世界、どのくらい実力は拮抗しているのだろうか。

 少しばかり現実の勝負の世界も気になってくる。

<緑が増えてくる>

・坂道コース始まる

 レース直線コースが終わって富士山の麓を走る国道138号線コースに入った。なだらかな坂道だというその道は、これまでの直線コースと違って、緑が多い道。だいぶ閑散としてきている。自然の中を駆け抜けて行く感じになっている。田所が空気が気持ちいいと喜びを口にしている瞬間がある。緑が多くて気持ちよさそう、と感じる景色。

 実際にもそういった景色なのだろうと思うと、気持ちよさそう。日本らしさ、と感じてしまうのだから、自分も自然が好きなのだと思う。

 総北の逆襲が始まりそうな一話だった。

 皆様の感想もぜひお聞かせください!

 それでは、また次回!



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『ビリオンxスクール』第2話 いじめvs加賀美!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 加賀美の暴走は今回も続くのか。 今回は国内ドラマ『ビリオンxスクール』第2話を紹介します! [内容] #2 AI教師はイジメ問題を解決できるか? 梅野ひめ香がいじめられている。西谷からそう教えられて、対処方法を考える。確固たる証拠を掴んでいじめの対処をしようとしていたが、教頭は梅野に無理やり何もなかったと言わせていた。 加賀美はさらなる常套手段に出

アニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第45話 近づくXデイ

こんにちは、Dancing Shigekoです! エンヴィーを確保した次は? 今回はアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第45話を紹介します! [内容] #45 約束の日 リンはブラッドレーの攻撃に徹底せざるを得なくなっていた。逃げていった先に偶然エドたちが来ていた。エドはリン(グリード)から約束の日について聞かされた後、仲間になろうと提案。そしてリンの手下として行動する

留言


bottom of page