top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『弱虫ペダル』第30話 いざ、ラストスパート!

 こんにちは、Dancing Shigekoです!

 自転車の勝負を生で観戦してみたい。


 今回はアニメ『弱虫ペダル』第30話を紹介します!


 前回感想→こちら


[内容]

#30 荒北と今泉

 残り4キロ。今泉と金城が前に出る。その二人を箱学の福富と荒北が追っている。福富は荒北に暴れてくれていい、と指示を出して、前方を走る二人を追わせる。一気にモードを獣のように切り替えた荒北がガードレール、車にあたることも恐れず、猛烈に追い上げていく。

 そして残り2キロを切って荒北がついに今泉、金城の前に出る。しかし前に出られた今泉はそれを機に気持ちが切り替わって、再び追い上げていく。残り500メートル。金城が飛び出す地点では並んで通過していくのだった。

[感想]

 1日目最終局面に入った一話。

<インターハイ初日のラストスパート>

・終盤の勝負

 獣のように走る荒北。ガードレールにぶつかったり、車のサイドミラーにぶつかる。さらに曲がるときに姿勢を傾けすぎて足は道路を擦り、ヘルメットもまたガードレールに当たる。そんな強引な走りを見せてどんどん追い上げていく。

 自転車で50メートルの差がどのくらいなのか分からないけれど、最後平坦な1キロに入って、一気に追い上げてくる様子。その獰猛な走りが印象的。こんな勢いで走ったらあっさり追いつかれそうと感じてしまう。

 それに対して、今泉もタイミング良くコースを潰しに行って前に出させないようにしている。このわずかな駆け引きが面白い。前を行く選手がいかにコースを消すか、前に出ないようにさせるかがポイントなのだと分かる。そこを一瞬の隙をついて抜き去っていくのだから、きっとすごいスピードなのだろうって思う。

 自転車、きっと奥が深いのだろうと感じる。


・のんびり並走する二人

 巻島と東堂は坂を登り切って、あとはエースに任せると言うことでゆっくり走っている。それでも残り2キロまでは先頭を走っていた。そう考えると、そこからラストスパートをかけたら勝てそうな気もするのだけれど、そう言うものではないのか。

 それだけ山登りで体力を使い切ってしまっているのだろうか。きっとそう言うことなのだろう、と少しずつロードレースの仕組みも理解してみる。

・そして現れた御堂筋くん

 残り500メートルに入って、飛び出していく金城と福富。そして突如現れた御堂筋くん。一体どこからやってきたのか。全く気配がない中で現れる。これまでどうやって風よけを用意していたのだろうか。まさか、最後の最後で御堂筋くんがスルッと一位で終わるのか。1日目が御堂筋くんのやりたい放題になってしまうのだろうか。


<自転車に負けた過去>

・突っ張っていた荒北

 中学2年まで野球をやっていた荒北。肘の怪我でエースの座から突如転げ落ちてしまった荒北は、それ以降、荒れていく。何をするにも楽しさを感じず、どんどん独りになっていく。野球部のない箱学に入学したものの、相変わらず独りだった。

 そんな中、福富と出会う。因縁をつけていったけれど、表情ひとつ変えずあしらってくる。自転車と原付の勝負を挑まれ、応じたところあっさりと自転車に負けてしまう。

 それ以降、福富だけを信じて、自転車にのめり込むようになったという過去を持つ荒北。どういうキャラなのかと思っていたら、かなりぐれた過去。自転車をしている選手にもいろんな過去の人がいるのだと。

 最終的には今、輝いていたら過去は関係ないのだろうとも思う。

 他のメンバーにはどんな過去が?もう一人箱学に選手がいたように思うけれど、1日目は姿を現さなかった。彼はどんな人なのか。ここの過去も気になる。

<箱根での戦いは続く>

・下りから直線

 箱根の山、山頂を過ぎて下りに入る。箱根駅伝の下りは、走っている選手の足への負担が過ごそうって感じていたけれど、ロードレースで下っていく様子は、曲がりきれなかったら大惨事という印象のスピード感。頻繁にカーブがあって、ロードレースでは走りづらそうって感じてしまう。そこを猛スピードで下っていくのだから、命懸けだと感じてしまう。

 実際に箱根山をロードレースの大会に使うことがあるのだろうか。

 ラスト500メートルの行方が気になる一話だった。

 皆様の感想もぜひお聞かせください!

 それでは、また次回!



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『366日』想いはぶつけるべし!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 2024年春の月9鑑賞完了! 今回は国内ドラマ『366日』を紹介します! [基本情報] 脚本:清水友佳子 音楽:REMEDIOS 主題歌:HY『366日』 演出:平川雄一朗、宮木正悟、片山雄一、谷村政樹 プロデュース:狩野雄大 制作協力:AOI Pro. 制作・著作:フジテレビ [登場人物] 雪平明日香:広瀬アリス 本作品の主人公。音楽教室の事務を

アニメ『SPYxFAMILY(スパイファミリー)シーズン2』第31話 ヨル、任務継続!

こんにちは、Dancing Shigekoです! クルーズ船でのミッションはどうなるか? 今回はアニメ『SPYxFAMILY(スパイファミリー)シーズン2』第31話を紹介します! [内容] #31 戦慄の豪華客船 ヨルたちは食事を済ませていた。その後、婦人と別れて護衛にあたるヨルと部長。部長が一人殺し屋を始末。ヨルたちも部屋を襲撃される。場所を移動する途中でも次々と殺し屋が迫ってくる。 その最中、

Komentarze


bottom of page