top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『弱虫ペダル』第11話 予選はウォームアップ!

 こんにちは、Dancing Shigekoです!

 自転車にいい季節になってきた!


 今回はアニメ『弱虫ペダル』第11話を紹介します!


 前回感想→こちら


[内容]

#11 肉団列車‼︎

鳴子は田所に繰り返し挑んでいた。

 翌日は練習が休み。ところが今泉がインターハイ予選を見にいくといい、鳴子、小野田も一緒に行く。

 到着すると8周目が終わろうとしていた。一位 柏東、幕張と争っていた。三位に総北高校50秒差。しかし田所は一年が来ているのを知って仕掛けて一周で逆転して優勝する。

 一年にインターハイに行くために合宿すると言うのだった。


[感想]

 インターハイ予選が動き出す1話。

・黙らない杉元

 練習初日の翌日、小野田と鳴子が話をしている。鳴子は全然勝てないことに、もやもやしている様子。そこに杉元がやってくる。相変わらずお調子者の発言が続く。スネ夫のような、何か他の作品でも登場しそうな鬱陶しい系キャラ。そろそろ存在感薄めてくれてもいいように感じ始める。


・インターハイ予選のために欠席

 そんな会話をしている中に今泉が現れて、「俺はいくぜ」と言う。全く話の繋がりがわからない。杉元が専用ショップがあると言っていたのに便乗したようにも見えず、何かと思えば、千葉県予選があるという。それで、今泉、鳴子、小野田が授業を欠席して、予選観戦に向かう。幕張まで20~30キロあるのを自転車で出発。一体、どれだけ時間をかけて行ったのか。

 それにしても、1年生で授業を休む。いいのだろうか。予選って平日にあるものだったかな。その辺りの時間感覚を思い出せない。

・周回レースで三位通過

 彼らが会場に着くと、すでに試合は始まっている。一周5キロの周回コースを10周。8周目が終わろうとしている。トップグループがやってくる。柏東と、幕張。総北高校は1分近く離されて3位。

 田所が今泉たちが来ていることに気づいて、金城に許可を得る。ちょっと早いけれど、あれやっていいか?と尋ねる。ああ。と答える金城。そんなやりとりが行われる。

 どれだけ余裕持って走っているのか。そんな感じを見せる。


・一年生に実力を見せる

 そして田所は、今泉に見ていろ、と言う。今から1分差をつけて勝負を決めると言っていくのを今泉は見逃さない。そこから田所に一気に加速。田所を先頭に金城、巻島とついていく。柏東に一気に追いついて、抜き去っていく。

 金城は柏東のメンバーに声がけをする余裕すら見せる。

 印象的だったのは田所が走っている姿が異様に大きく見えること。柏東のメンバーの奥を抜き去って行こうとしているのに、彼らよりも1.5倍くらいサイズが異なる。圧倒的な実力の差をその大きさでも表現している感じ。

 県では圧倒的な強さでもインターハイに出場すると、さらに競合がいると言うのだから、恐ろしいものだ。


・偵察隊が報告

 その筆頭はどうやら箱根学園見たい。一年生で注目の選手がいる気配を描いて、今回、話が終わる。さらに京都伏見からも偵察が来ている。高校生がわざわざ地区の予選を見にくるものなのか。それだけ注目のチームなのだと分かる。

 これだけ本気で勝負に挑んでいたら、世界の見え方も違うのだろうと思う。自分の高校時代をふと思い出しながら、そういった偵察がいる競技の様子を見比べていた。

 それだけのところまでは上り詰めていけなかったなぁ、などと思いながら、総北高校の今後の展開が楽しみになった。

 予選を突破した総北高校がいかにインターハイで勝利できるチームになっていくのか、楽しみに感じる一話だった。


 皆様の感想もぜひお聞かせください!

 それでは、また次回!



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『Re:リベンジ-欲望の果てに-』第11話(最終話) 決着はついた?!

こんにちは、Dancing Shigekoです! どんな結末に? 今回は国内ドラマ『Re:リベンジ-欲望の果てに-』第11話(最終話)を紹介します! [内容] #11(最終話) 欲望の果てに 海斗は罪を認めていた。さらに会長の罪の糾弾しようとしていたが、その場は逃れられてしまう。 そのあと、会長が倒れ、手術することに。大友が執刀医を担当する。会長を脅迫して、隠蔽に加担していたことを吐かせる。その録

댓글


bottom of page