top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『宇宙兄弟』第83話 残れるのはどっち!?

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 事実を知って六太はどうする?


 今回はアニメ『宇宙兄弟』第83話を紹介します!


[内容]

#83 俺とケンジ

 六太とケンジの会話は極限まで減っていた。基地に戻ってもケンジは六太との接触を避ける。さらに差をつけるために同意型から議論型に方針を変更。作るものを絞り込むことを提案。突然の発言に六太は諦めるしかないな、と答える。

 しかし酸素補給の時にアンディの意見を聞き、バラクーダの群れが目の前を通り過ぎていった時に迷いが消えていく。そして月に行くことはみんなの思いを叶えることだと言って、ケンジの提案に対して、できるところまでやろうと提案するのだった。


[感想]

 六太とケンジの間に微妙な空気が流れる一話。

・呑気なハミルトン、ウミガメを勧める

 深刻な事実を知らされた六太とケンジ。そのことを知らないハミルトン。基地からウミガメを見かけて興奮している。そして戻ってきた六太にウミガメ見たかと質問している。六太は気づかなかったと答え、ケンジは全く興味すら示さない。その辺りにハミルトンは何か異変を感じたか、その後、またウミガメが泳いでいるのを見かけ、六太らが打ち合わせしているときに、必死にアピール。真剣な話をしている時に、ハミルトンのこの能天気さには、やや呆れてしまう部分もあるけれど、こういう中性的な存在がいるのは大事なことなのかもしれないと感じる。

・距離を取るケンジ

 ケンジは早々に六太を競争相手とみなしている。基地に戻った時に六太が差し出してきた手も握ることなく距離を取る。本人も自分のそのスタンスに薄情ものだと感じている。

 実際のところ、どうなのだろうか。それまで和気藹々とやっていた訓練を、相手が競争相手と分かった瞬間、相手よりもいい点を取ることばかりを考えるようになっていいものなのか。

 相手が競争相手だと分かってもなお、同じようなスタンスでいられることの方がよっぽどいいのではないか、って思う。

 でもこの世界で活動する人たちはそうではないのかもしれない。厳しい競争の中を勝ち残ってきている、という自負から協調して生き残ると言うことはできないと言う考えが染み付いているのかもしれない。

 

・アンディの思いを聞く

 六太はケンジと息の詰まるような環境が嫌で、酸素の補給を早めにしている。そこにアンディもやってくる。その機会に六太はアンディに心境を聞いてみる。すると、意外にもアンディが自分の経験を語る。

 同期が次々と宇宙に出ていく中、自分だけが取り残されていると感じたと。教官の前でペンを落としただけで集中力のない奴だと評価されているのではないかとビクビクしていたという。しかしある時から気にしなくしたと。考えなくしたと。そして自分のできる訓練を人一倍頑張るようにしたと。

 アンディがそこまで赤裸々に過去の体験を語るとは思っていなかっただけに意外。それだけ六太に期待していると言うことなのか。アンディはどちらかというと六太を推しているようにも思えて、この辺りの経験を語ったのもその一環だったのかもしれない、などと感じた。


・六太らしさが蘇る

 月面に行くことに選ばれる。それはみんなの思いを乗せていくこと。行ける時に自分の思いだけではなく他の分野の人たちの思いも叶える必要がある。その意見をぶつける。この発言を聞いて気持ち、ラブの表情に笑みが溢れている。こういう発言を待っていたのではないかと。管制塔の方ではこの発言がどのようにバトラー室長に報告されるのか。こういう考え方こそが一番大切だと個人的には思う。早くも六太は気づいたのではないだろうか、と個人的には思いたい。

 六太の意見で流れが変わるのだろうか、と思う一話だった。

 前回感想→こちら

 皆様の感想もぜひお聞かせください!

 それでは、また次回!



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第19話 核まで焼き尽くす!

こんにちは、Dancing Shigekoです! ホーク中尉は逃れられるのか。 今回はアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第19話を紹介します! [内容] #19 死なざる者の死 マスタングは急ぎ、ホークのところに向かい、ギリギリのところでグラトニーを阻止していた。 そしてバリーの肉体がどこに戻っていこうとしているのかを追跡。第三研究所を突き止めて、そこまでとしようとして

Comments


bottom of page