top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『宇宙兄弟』第29話 迫る打ち上げ!

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 今度こそ打ち上げか?


 今回はアニメ『宇宙兄弟』第29話を紹介します!

 前回感想→こちら


[内容]

#29 打ち上げ前夜

 アルテミスがマルス5で打ち上げられていく。そして次の日にはいよいよ日々人がマルス1に乗って打ち上げられる。六太は真壁らと合流。日々人たちがロケットに向かって行くのを見届けていた。その夜は、六太の母が落ち着かない様子で六太のところにやってくる。

 その頃、日々人はぐっすりと眠っているのだった。

[感想]

 刻一刻と日々人の打ち上げの時が近づいてくる一話。

<打ち上げ当日を迎える>

・打ち上げの緊張が高まる

 みんないつも通りに行動しているように見えて、そうではない。六太は考えに耽り、母親は眠れないと言って六太のところにやってくる。そんな気持ちの動きが興味深い。いつも明るく元気な母親が、ここまで緊張している。万が一が起きるかも、と言うのが一番の不安なのだろう。

 自分の周りで宇宙に飛び立つ人がいたら、どう思うだろうか。普通にどこか出張行くようなノリでいってらっしゃい、と言えるものなのだろうか。やはり南波母のように緊張するのかもしれない。

 多くの人は体験することのない世界観だと感じる。


・晴れると自信あり

 打ち上げ当日。天気ははっきりしない。60%の確率で延期になると、朝一の見解が出る。

しかし日々人は自信満々に日本の伝統的な天気占いをして、晴れと出たから、必ず飛ぶと言い切る。その純真さが面白い。


<気持ちの整理は難しい>

・半々の六太

 日々人が宇宙に行くことを応援する気持ちと、何かもやもやしている気持ちが五分五分であるという六太。その気持ち分かる。複雑な心境なのだろうなと。

 誰かを応援したい気持ちがある時には、同時にその活躍を素直に受け入れられない時もある、そんな感じなのだろうな。ましてや身近で弟となったら、その思いはかなりのものかもしれない。

 人生とは悩み多いものなのだと感じてしまう。

<フロリダで観光>

・ココビーチ

 六太らは打ち上げ前日、フロリダのココビーチで遊んでいる。その様子がどことなく、『トップガン:マーヴェリック』のビーチバレーの様子を思い出させる。ただ海岸を歩いているだけの様子だけれど、フロリダのビーチは気持ちが良さそう。

 平気そうに装っていても、みんな緊張しているのだと感じる一話だった。

 皆様の感想もぜひお聞かせください!

 それでは、また次回!



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『競争の番人』第5話 世界で勝つには…

こんにちは、Dancing Shigekoです! アレス電機との対決はどうなるか? 今回は国内ドラマ『競争の番人』第5話を紹介します! [内容] #5 情報漏洩!? 公取内部に裏切り者が? 下請けいじめ、ついに決着!! 公取がアレス電機の立入検査を実施しようと考えていたところ、検察が横領の疑いで先に調べたいから待ってほしいと依頼がある。しかし、本庄審査長は毅然と断り、立入検査当日。タイミングを見計

bottom of page