top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『七つの大罪』第20話 着々と事態が変化

更新日:3月7日

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 メリオダスはヘンドリクセンとどう戦う?


 今回はアニメ『七つの大罪』第20話を紹介します!


[内容]

#20 勇気のまじない

 メリオダスはヘンドリクセンと戦い始める。そこにギルサンダーが加勢してくる。さらに魔法使いまで戦いに加わるが、メリオダスは魔神の力も封印して戦いを続ける。何かを待っている。そしてマーガレットが塔の上から身を投じた時に、メリオダスは狙っていたものを発見。それはギルサンダーを拘束していた呪縛の元を退治する。

 呪縛から解かれたギルサンダーはヘンドリクセンに向かっていくのだった。


[感想]

 激しく展開していく一話。

・メリオダスの模様

 ヘンドリクセンとの戦いが本格化する。メリオダスに再び黒い模様が現れる。それは魔神の力を使っている証だとヘンドリクセンか、誰かが説明している。メリオダスには魔神の力が宿っているらしいことが明らかになる。

 なぜ魔神の力を持っているのか?メリオダスは人間ではないのか?ギルサンダーとの稽古の回想シーンが出てきていたけど、その時から見た目が全く変わっていないのはなぜ?など、メリオダスの素性が気になるところが多かった。


・狙いはギルサンダー

 メリオダスは3人に囲まれて、攻撃を交わしきれずに、何度も攻撃を受けている。その気配をディアンヌやゴウセルらが感じている。助けに行くべきでは?って意見が出るがキングはメリオダスが負けることはないと確信している。どちらかと言うと、何を企んでいるのかと、その部分を掴めずにいる様子。このやりとりを見ていると、魔力の強さはキング→ゴウセル→ディアンヌなのか?って感じる。

 そしてメリオダスは何を狙っていたのかと言ったら、ギルサンダーの呪縛の元が姿を見せるのを待っていたと言う流れ。その悪魔を倒した後のギルサンダーの変貌っぷりに戸惑い。

 それにヘンドリクセンがいともあっさり倒されて…これで終わるわけではないだろうけど、どうなっていくのか?


・姿を見せた6人目

 ヘンドリクセンが連れている魔法使いが、アーサーの魔法使いを小馬鹿にしている。あんたみたいな小者が私に勝てるわけないと、大口を叩いている。

 ところがアーサーの連れていた魔法使いがローブを脱ぐとそこに姿を見せたのは七つの大罪の一人だったと言う展開。なかなか憎い登場の仕方と感じる。期待度を高くする現れ方だった。どんな感じなのか?

楽しみ。


 ヘンドリクセンは本当に倒されたのか、疑問が残る一話だった。


 前回感想→こちら


 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また次回!


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『366日』第2話 遥斗、昏睡・・・

こんにちは、Dancing Shigekoです! 怪我は治るのか? 今回は国内ドラマ『366日』第2話を紹介します! [内容] #2 諦めたくない…覚悟の告白 明日香は智也から連絡を受けて病院へ向かう。手術中ずっと外で待っていた。手術が終わり、手術室から出てきた医師が音楽教室の生徒の親 池沢と知り、話を聞きに行こうとするが、家族のみが結果を聞かされるのを待っていた。 脳の怪我をしたということで意識

Comments


bottom of page