top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『ハイキュー!!烏野高校VS白鳥沢学園高校』いざ決勝!

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 今回はアニメ『ハイキュー!!烏野高校VS白鳥沢学園高校』を紹介します!


[基本情報]

 原作:古館春一

 監督:満仲勧

 シリーズ構成:岸本卓

 キャラクターデザイン:岸田隆宏

 音楽:林ゆうき、橘麻美

 アニメーション制作:Production I.G

 製作:「ハイキュー‼︎烏野高校VS白鳥沢学園高校」製作委員会

 主題歌:BURNOUT SYNDROMES『ヒカリアレ』

     NICO Touches the Walls『マシ・マシ』


[登場人物]

日向翔陽:村瀬歩

 烏野高校1年生。小さな巨人に憧れてバレーボールを始める。日向自身も小柄だが、ジャンプ力が群を抜いている。影山と新たな速攻を練習する。

影山飛雄:石川界人

 烏野高校1年生。セッター。愛想は悪いが日向を最大限活かすために練習を重ねる。大王様こと及川に勝つことを目指している。

牛島若利:竹内良太

 白鳥沢学園高校のキャプテンで全国3本の指に入るエーススパイカー。

天童悟:木村昴

 白鳥沢学園高校のミドルブロッカー。天性の読みでブロックを決める。赤髪で動きが独特。


[内容]

 烏野は春高出場に向けて、宮城県大会決勝で白鳥沢学園と対決する。全国で三本の指に入るスパイカーの牛島若利(通称牛若)が烏野の前に立ちはだかる中、日向、影山、そして月島が試合の中で成長を見せて、白鳥沢と接戦に持ち込んでいくのだった。


[感想]

 白鳥沢との決勝戦を描くシーズン。

・一番印象に残った選手

 白鳥沢の牛島若利、早い時期から彼の存在は話題に出ていた。日向と影山はインターハイ予選が終わった後に、白鳥沢に乗り込んで、牛若と会っている。

 そのため、この試合はとにかく牛若の凄さが徹底的に描かれるのだと想像していた。どんなブロックも突き破り、日向、影山の変人速攻に対しても力でねじ伏せてくる、そんな展開を予想していた。

 試合前のコメントでも、烏野はチームで戦うと言っているのに対して、白鳥沢は個の集まりだと言っている。その個とは牛若のことなのだと思っていた。

 しかし実際には個性的な選手が他にもいる。中でも天童はかなり印象的。天性の勘で相手のスパイクをブロックする。最初に天童のブロックが炸裂した時の喜びの舞を見た時は、嫌な感じの選手かもって思ったけれど、終わってみれば実にいい。

 何が良かったか?

 それは寡黙な牛若に一方的に話しかけて、それを牛若も嫌だと感じていない関係。中でも天童が「若利く~ん」と呼びかける様子は実に印象的。試合後、自分はバレーをやめるけど、と言っていたのもあって天童をもう見られなくなると言うのが、より印象的にさせたように思う。


・成長を見せたと感じる選手

 白鳥沢戦、日向と影山のコンビがポイントになるのだと思っていた。実際、最後に決めたのは日向ではあるけど、本当に最小限の活躍といった印象。

 どちらかと言えば月島の存在感が光った。中でも、このスパイクを入れられるとまずいというところで月島が牛若のスパイクをブロックで止める。

 その後のガッツポーズ。

 月島がついに木兎が言っていた快感を体験する瞬間。その瞬間を知ってしまうと、またそれを味わいたいと思ってバレーを続けてると言う境地に辿り着いたように感じてよかった。これからの烏野はかなり月島が重要な存在になりそうと感じる。

 意外な選手の成長、これからが楽しみ。


・毎回ヒヤヒヤ

 全10話で2話目以降は試合突入。毎回、次はどうなる?って印象を残して終わっていく。各話は見せ場があって、単調さがなく進んでいく。毎回、中心人物も変わっていき、両チームを応援したくなる展開だった。高校生の全力というのはいいものだと感じるシーズン。


 烏野の今後がどうなるのか、楽しみになるシーズンだった。


[各話感想]

 第2話 決勝始まる!

 第4話 月島吠える!

 第5話 日向走り回る

 第7話 第五セット!

 第10話(最終話) 全国への切符!


[関連感想]


 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また次回!



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

映画『グリーン・ナイト』ガウェイン、騎士になる?!

こんにちは、Dancing Shigekoです! アリシア・ヴィキャンデル出演作品を鑑賞。 今回は映画『グリーン・ナイト』を紹介します! [基本情報] 原題:The Green Knight 監督:デヴィッド・ロウリー 脚本:デヴィッド・ロウリー 原作:『ガウェイン卿と緑の騎士』 製作:トビー・ハルブルックス ジェームズ・M・ジョンストン デヴィッド・ロウリー ティモシー・ヘディントン テレサ・ス

国内ドラマ『花咲舞が黙ってない(2024)』第9話 急展開?!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 紀本本部長との対決が強まるのか。 今回は国内ドラマ『花咲舞が黙ってない(2024)』第9話を紹介します! [内容] #9 さよなら臨店班 東東デンキが粉飾決算をしていたと報道されている。メインバンクの東京第一銀行にも影響が出ると構えていると、新聞報道の二ヶ月前に東京第一銀行に情報が挙がっていたと言う。その情報を公開しないでほしい、と隠蔽指示を銀行が

Kommentit


bottom of page