top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『ハイキュー!!セカンドシーズン』第22話 両者譲らず!

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 第二セット、烏野は持ち堪えられるのか。


 今回は アニメ『ハイキュー!!セカンドシーズン』第22話を紹介します!


[内容]

#22 元・根性無しの戦い

 京谷のサーブをなんとか切って烏野攻撃。山口が投入される。2本連続でエースを決める。その後もみんなの力で繋いで5点差を一気にひっくり返し、烏野マッチポイントになる。

 しかしそこであっさりと取らせない青葉城西。同点に追いつき、一進一退が続く。烏野が常にマッチポイントのチャンスを得ていたが青葉城西は動じることなく、戦い続ける。そして及川のサーブに回ってくる。

 決して怯むことなく、強打のサーブでポイントを取り、逆に青葉城西がマッチポイント。そのまま及川のサーブで崩された烏野はポイントを許して、第三セットに入るのだった。

[感想]

 第二セットの勝負がつく一話。

・山口が覚醒する

 京谷の強烈なサーブをなんとか切った烏野。次のサーブは日向。しかしそこで烏養は視線を感じ続けていた山口を投入。

 和久南戦で逃げのサーブをしたことを後悔していた山口は、自分からサーブを取ったら何も残らないという思いから、試合に出させてほしいと烏養にアピールし続けている。その思いに応じる形で投入される。

 一点取られたらセットポイントの窮地。山口は臆することなく、これまでの練習の内容を思い出してフローティングサーブを放っていく。最初のサーブはアウトと青葉城西は判断するほどの長いサーブになったけれど、急な変化で落下してポイントを取る。その後も京谷が弾いて連続ポイント。

 烏野がレシーブでも踏ん張って、一気に5ポイント取って同点に追いつく。さらに逆転まで成功する。

 気持ちが吹っ切れるとここまで覚醒するものなのか。この先、山口はかなり武器になりそうなのか。及川や京谷のような勢いのあるサーブで、相手を圧倒するのではなく、どちらかというとフラフラとどこにいくか分からないソフトはサーブで相手を翻弄するタイプのサーブが、いかにも山口っぽいという感じ。

 これから都度都度登場しそうな気配があって興味深い。


・決して動じない青葉城西

 烏野が点差を詰めてきても、ほとんど動じない青葉城西。唯一、金田一だけが、このプレーで失敗したら、3年生が最後の試合終わってしまう、と意識しているけれど、及川らは変なことを考えるな、とすぐにツッコミを入れる。

 全くと言っていいほど動じてない感じがある。実際の心境はどんなものなのか。あまりピンチと感じていないようにも見える。それだけ肝が据わっているという事なのだろう。


・因縁の対決は・・・

 そして及川の弾丸サーブで第二セットを青葉城西が取る。あの状況で2発連続で、最大限のサーブを決める。フルセットに入って、澤村は青葉城西は、そういう因縁の相手なのだと振り返っている。練習試合から始まり、インターハイ、そして春高予選。常にフルセットになる相手との戦い。

 澤村はその試合を楽しんでいる感じ。最終セット。勢いは青葉城西にありそうな気配。果たして、勝負の行方はどうなるのか。

 第三セット=最終セットの勝敗の行方は、日向影山コンビによって決まるのか、楽しみが続く一話だった。

 前回感想→こちら

 皆様の感想もぜひお聞かせください!

 それでは、また次回!



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、Dancing Shigekoです! 勝利するのは? 今回は アニメ『ハイキュー!!烏野高校VS白鳥沢学園高校』第9話を紹介します! [内容] #9 バレー馬鹿たち 月島が帰って来る。影山がツーで決めて15-15に並ぶ。月島がおとりになって田中が決めて、リードする。その後は牛若の攻撃と、烏野の踏ん張りが続き、常にあと1点の状態で烏野が進んでいくのだった。 [感想] あと一点まできた烏野

こんにちは、Dancing Shigekoです! インターハイ、走り出しはどうなるか? 今回は アニメ『弱虫ペダル NEW GENERATION』第16話 を紹介します! [内容] #16 2度目のインターハイ 栃木・宇都宮からスタートするインターハイ会場に総北が到着する。ゼッケンを受け取った小野田は1番を見て戸惑う。しかし、今泉から励まされ、誇りを持って走ることを誓う。鳴子は御堂筋に宣戦布告しに

bottom of page