top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『ハイキュー!!セカンドシーズン』第21話 烏野劣勢…

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 第一セットはどっちが取るか?


 今回は アニメ『ハイキュー!!セカンドシーズン』第21話を紹介します!


[内容]

#21 殺し屋

 狂犬こと京谷が強烈なスパイクを放つ。しかし、アウトで第1セットは烏野が取る。

 第二セットに入っても京谷は最初から出ている。及川は京谷にトスを上げ、極端なインナースパイクを決めたり、ダブルクイックでも京谷に集めたりと徹底的に京谷に集めていく。

 烏野は京谷に翻弄され始めるが、京谷はミスも多く、一気に離されることなく食らいついていく。流れを変えようと菅原を入れて、京谷封じのサーブを連続で決めてあと1点まで迫るが、青葉城西は柔軟に対応。

 及川の弾丸サーブが入り、さらに徐々にエンジンのかかってきた京谷も強烈なサーブを決めて20点台に先に乗せるのだった。

[感想]

 第二セットは青葉城西のペースと感じる一話。

・意外とミスも多い

 狂犬の異名を持つ京谷が入って、青葉城西のペースになったのか、と思ったら、最初のスパイクはアウト。そのまま烏野が第一セットを取る。

 第二セットに入って、京谷にボールを集めるけれど、入ったり豪快に外したりの繰り返し。意外とミスが多い印象が残る。


・決めるところで決める狂犬

 ところが二セット目の最初のスパイクでは極端なインナースパイクを決めるなど、ここぞという時には京谷がスパイクを決めていく。このめちゃくちゃな動きをする京谷にちょっとずつペースを乱されていく感じになる烏野。

 なかなか追いつけずにいる。試合って、そういうものなのだろうかね。一度崩されたペースを取り戻せないという感じ。

・菅原投入でペースを掴むと

 その流れを切ろうと烏養は菅原を投入。菅原に京谷を狙ったサーブを打たせる。京谷の体勢を大きく崩させることで、アタックできないようにする。その作戦が功を奏して2連続ポイントに成功する。後一点取れば追いつくところまでくる。この2点目の時にはサーブで崩したものの青葉城西が上手に繋いで戻してきたところを、菅原がセッターとしての働きで影山のスパイクを点を取るという新しい形。

 烏野にいろんな攻撃のパターンができている。頼もしい。


・弾丸サーブの連続

 それでも青葉城西は及川がついに弾丸サーブを決め、さらには京谷も弾丸サーブを打ち込んでくる。烏野の西谷、澤村でも動けない勢い。このペースで攻撃をされたら、青葉城西がそのままセットを持って行ってしまいそう。

 第二セットを相手のサーブ得点で持っていかれるとピンチのように感じる。巻き返しできるのか。

 劣勢の烏野高校、第二セットで勝負をつけられるのかが気になる一話だった。

 前回感想→こちら

 皆様の感想もぜひお聞かせください!

 それでは、また次回!



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第19話 核まで焼き尽くす!

こんにちは、Dancing Shigekoです! ホーク中尉は逃れられるのか。 今回はアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第19話を紹介します! [内容] #19 死なざる者の死 マスタングは急ぎ、ホークのところに向かい、ギリギリのところでグラトニーを阻止していた。 そしてバリーの肉体がどこに戻っていこうとしているのかを追跡。第三研究所を突き止めて、そこまでとしようとして

Comments


bottom of page