top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『ハイキュー!!セカンドシーズン』第18話 ベスト4!

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 少しずつ離され始めているのをどう挽回するのか?


 今回は アニメ『ハイキュー!!セカンドシーズン』第18話を紹介します!


[内容]

#18 敗北者達

 和久南に二セット目を取られて、五分になる。縁下は自分のミスで負けていると気負っていた。日向ができることはなんでもチャレンジしたいと言うのを聞いて、縁下の力みが徐々に無くなり、最終セット、和久南を押し切るのだった。

[感想]

 和久南と決着がつく一話。

・ずるずると押し切られたりはしない

 第二セット。縁下が狙われて、レシーブを落とすことが続く。

 そして休憩の時にあれこれと考えてしまっている。その縁下の迷いを吹き飛ばしたのは、日向。相手が強いのは分かっている、そんな中で自分にできることをやるだけ。と言って、果敢にチャレンジしていく。

 そんな日向の姿を見て、縁下も自分で考えて、みんなに声がけをして、実際にプレイをしてみる。そのプレイがいい結果になって、自信につながっていく。

 第三セット、点差がなかなかつかない中、縁下がペースを作ったような形になる。

・いつまでも大地と比較してはいられない

 この試合で縁下は確実に成長。試合を見ていた大地がこの流れを切らないほうがいいと思って、交代は不要だと感じた、と縁下に試合後に感想を伝えている。

 それを聞いた縁下は、次に向けて気持ちが吹っ切れた感じになっている。

 レシーブを鍛えていったら、縁下は立派なキャプテンになりそうな気配。

 あと残すは山口だろうか。彼がいつ逃げる姿勢から、恐れずにチャレンジする姿勢に変わるか。そのチャンスは次の試合でやってくるのか。次なる注目は山口だろうか。

・負けていくチーム

 和久南は烏野の敗れ、観客席に御礼を言って会場から出ていく。

 烏野は次の対戦相手がどっちになるのかを知るために、観客席に上っていく。そして青葉城西と伊達工との試合を観戦している。

 その頃、和久南の猛は体育館の外にいる。そして次もやらせてくれよ、と肩を落としている。負けたチームはそれまで。敗者復活がない高校の大会では負けたら終わりのサバイバル。猛のようにみんな、何か思い残して、会場を去っていっている。自分達はどうだっただろうか。

 目標に対して、どこまで行けたか。そんなことを考えていただろうか。

 いろんな体育館に行って試合をした記憶が蘇る。

 烏野高校の次の対戦校はどっちか、気になる一話だった。

 前回感想→こちら

 皆様の感想もぜひお聞かせください!

 それでは、また次回!



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『くるり~誰が私と恋をした?~』第11話(最終話) 記憶が戻った先は…?!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 公太郎とはどうなるのか? 今回は国内ドラマ『くるり~誰が私と恋をした?~』第11話(最終話)を紹介します! [内容] #11(最終話) 私が恋したのは- まことは公太郎を見かけるがそのまま素通りしようとしていた。公太郎は、まことに幸せだったらいいと言って、もう会わないことを勧める。 まことは律と水族館にデートに出かけるが、帰ってから、何かが違うと感

Comments


bottom of page