top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『ハイキュー!!セカンドシーズン』第15話 代表決定戦、始まる!

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 いよいよ代表決定戦が始まる。

 今回は アニメ『ハイキュー!!セカンドシーズン』第15話を紹介します!


[内容]

#15 アソビバ

 条善寺との試合が始まる。条善寺の各プレーの自由気ままさに烏野は翻弄されていたけれど、烏野の自由さも負けず劣らず。試合は第一セットを烏野が取る。

 第二セットも順調に差を広げていく烏野だったが、条善寺がタイムアウト。マネージャーが檄を飛ばし、メンバーの顔色が変わるのだった。

[感想]

 代表決定戦が始まる一話。

<インハイ予選ベスト4>

・試合は優勢に進めている

 烏野高校の対戦相手はインハイ予選4位の条善寺高校。

 試合は、烏野の比較的余裕を持って進めている感じ。

 条善寺の特徴は変な体勢でもボールを拾ってくる、運動神経を武器にした感じのチーム。

 しかしプレイ自体は素人集団という感じにも見える。正直、どこに勝ってインハイ予選4位に残ったのか、と感じずにはいられない。


<強いのか弱いのか>

・条善寺高校

 バレーコートを遊び場だと言って、最初のうちこそ楽しんでいたのに、烏野に徐々に点差を開けられて、元気が無くなっていく。

 その様子を見ていると、やっぱりあまり強いチームではないように感じてしまう。

 それでもコーチは静かに見守っている。特別な指示を出すでもなく、伸び伸びとプレイさせると言ったスタンス。

 さらにマネージャーも、もっとらしさを出しなさいと思って、檄を飛ばしている。そのあたりから雰囲気が変わってきている。

 この後のプレイでどう変わるのか。


 ところで、マネージャーが檄を飛ばす時に「ケツを蹴っ飛ばす」と言っている。その言葉が田中と西谷にも聞こえたみたいで、清水にも同じように言ってもらいたい!と謎の目標を持っている。言うわけないでしょ、と冷たく言い放ちつつも、「尻」と言われて、喜んでいるのだから、この二人、本当に清水ファンなのだと感じる。高校生だなぁ。

<見学している伊達工>

・日向のプレイにコメント

 伊達工の青根が烏野の試合を静かに見守っている。

 伊達工メンバーが、いろんなコメントをしているのを聞いて、青根が口を開く。なんと言ったかは覚えていないけれど、日向のことをじっくりと研究しているのが伝わってくる。

 普段全く話さない青根が口を開くと意外性があって、興味深い。

 こういうキャラって、貴重だと思ってしまう。

 タイムアウト明け、どんな試合になるのか、次の展開が気になる一話だった。

 前回感想→こちら

 皆様の感想もぜひお聞かせください!

 それでは、また次回!



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、Dancing Shigekoです! 勝呂は許すのか。 今回はアニメ『青の祓魔師(エクソシスト)京都不浄王篇』第5話 を紹介します! [内容] #5 合縁奇縁 燐を抑えたシュラに、達磨は手紙を渡して姿をくらます。燐は独房に入れられ、雪男とシュラは燐の様子を見に行く。そして達磨から渡された手紙を読み進める。降魔剣が明陀のものだったことが語られていたのだった。 [感想] 京都で燐が雪男と再

bottom of page