top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

ふと思い出された国内ドラマ”天国と地獄〜サイコな2人〜”の一場面



こんにちは、Dancing Shigekoです!


三月も今日で終わりです。四月はさらなる変化、向上を目指していきます!


会社の帰りに駅から家まで歩く道のり。時間が遅いことと、住宅街ということもあって、家の近くは人通りはまばら。


人も少ないので、マスクを外して、外の空気を味わいながら、最後の数百メートルを歩くことがある。


人や自転車の気配を感じたら、またマスクをして、しばらく歩いて、また少しマスクを外してを繰り返しながら歩いている。


そんなことをしていて、いつも思うのは、外でもマスクを四六時中つけていないとダメなのだろうか?という疑問。



そして、”天国と地獄~サイコな2人~”の最終話を思い出す。


その場面とは、望月が日高の供述確認が終わる前に、急いで警視庁に戻ろうとしていた時のこと。タクシーに乗って警視庁に向かう。しかし渋滞していたために途中で降りて、そこからは走って行く、というこの一連の場面。


望月はタクシーの中ではマスクをしていて、タクシーから降りるなり、マスクを外して全力疾走して行く。


この場面を見た時に、世の中的には、三密の空間ではマスク着用が必要だけれど、屋外のような開けた空間では、マスクは着用しなくても良い、ということを暗示しているように思えた。


実際のところは、わからないけれど、なんとなくその場面を見て以来、少しばかり外でマスクを外すことの正当性を見つけたような気がしている。


皆様はどう思われますか?


それでは、また明日!

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『春になったら』第4話 神に謝る!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 結婚を諦めた瞳、次はどうするのか? 今回は国内ドラマ『春になったら』第4話を紹介します! [内容] #4 親友と48年ぶりに再会!学生時代の償い 瞳は雅彦の死ぬまでにやりたいことリストを実現させてあげようと考えていた。一方で、それをこなしいくことは死へのカウントダウンとも感じて複雑な気持ちでもいた。そんな中、雅彦の担当医である阿波野先生と話をして、

bottom of page